ニキビに似ている皮膚疾患

ニキビ以外にも皮膚がふくらみ、赤みを帯びた症状の皮膚疾患があるのをご存知でしょうか。

「酒差」は30代から50代の中高年に多いとされる皮膚疾患ですが、症状はニキビと似ているため非常に紛らわしい場合があります。
具体的な特徴としては、顔が赤みを帯びる、皮脂分泌が活発になる、ブツブツや膿を持った吹き出物の出現、毛細血管の拡張、皮膚のテカリやほてりなどがあります。
人によっては、眼球に赤みがでる場合もあるでしょう。
顔の中でも鼻周辺やほほ、あごに症状が出ることが多いと言われています。
場合によっては、ニキビと酒差が同時に発症していることもあり、不信に感じたり、症状が改善されなければ、長期間放置せず医療機関での診察を受けた方が懸命です。

私がニキビ跡を消した方法を見てもらえれば分かると思います。

酒差はいつくかの段階で症状が変化することで知られています。
初期は、顔の赤みが気になることが多く、火照りや違和感、何らかの刺激を受けたように敏感になります。
次にこれら初期段階に加えて、白ニキビや赤ニキビに似た吹き出物が出現し、赤みの範囲は広がるとされています。
ここまでの症状は特に女性に多いと言われていますが、治療法はニキビの場合と同じように、抗生物質の内服や塗り薬の使用です。
症状が進行すると、毛穴の拡張と赤みの悪化、さらに膿疱も広がるため、まるでみかんのようにボコボコとした肌質へと変化します。
治療法はレーザー治療、イソトレチノインの内服、漢方薬、女性ホルモンの服用などがありますが、病院や肌質によって治療法は異なるでしょう。

酒差の原因はホルモンバランス、環境要因やストレスが多いとされています。
勘のいい方はお気づきだと思いますが、酒差の原因や症状は大人ニキビと似ていることが分かります。
異なる点は、皮膚が薄く紫外線の刺激に弱い肌のタイプの人が酒差を疾患することが多いと言われ、紫外線対策が改善する上でとても重要になるのです。

素人判断でニキビか酒差かを見極めることは非常に困難です。
いずれにしても症状が酷くならないうちに、適切な処置を受けることをお勧めします。